活動風景などを紹介しております。

        🌲  🌳  🌲

  

   写真をクリックすると、写真が大きくなります。

 

 

        🌳  🌲  🌳

2022.09.15. 奈良公園の巨木めぐり

  昨年の12月以来の開催となりました。

 コロナ禍と猛暑日が続いていますが、30名の皆さんが元気に参加されまし

 た。 県庁前から水谷茶屋まで一気に到着、木立の下は涼しく、大ケヤキや

 水谷神社前の枯イブキを観察。団体さんで混見合う本殿前を通過し、若宮

 の大楠(樹齢1700年? 県下一位とも)にて集合写真。金龍神社前では

 鹿の子模様のカゴノキ樹皮を観察し、境内域一面に植生するナギの特性を

 学習しました。その後、平坦域で一位のスギを観察、幹周りも測定。

 6.05m。戦国時代の築城時にも伐採を逃れた理由を考察しました。

 締めくくりは、開放的な飛火野のクスノキ三兄弟??前にて集合写真

 でした。(写真はクスノキの樹形鑑賞の為、参加者は判別困難かも⁉)

                案内:酒井 写真:甲斐野、山本、一箭

 

2021.12.04. 滝坂の森 葉っぱ図鑑体験

  春日山原始林に隣接の当会が活動を行っていた「滝坂の森演習林」

 での活動です。冬の兆しの中、29名が参加されました。落葉が一面

 に広がる、明るい森。さっそく皆さん、画用紙とセロハンテープを

 取り出し3班に分かれての図鑑作り開始です!! 班長の指導の下、

 お気に入りの葉を張り付けていました。個性的な作品が楽しめます。

 午後は、南部遊歩道沿いで最大木のイチイガシの巨人と対面。一同

 年輪ワクに囚われていました。 また、全員参加のジャンケン大会

 では、杉本さん力作のダイオウショウ「松ボックリツリー」が贈呈

 されました。   

     来年も元気で観察会に参加しましょう!!

2021.11.13. 葛城山山麓 巨木観察会

  今回は葛城山山頂の樹木観察の予定でしたが、前日までの大雨で

 観察路が危険との判断から、急きょコースを変更し実施しました。

 近鉄御所駅に35名が集合され、観察コースの変更に少しがっかりの

 様子でしたが、元気に出発です。金剛山~葛城山~生駒山~矢田丘陵を

 一望しながら、崇道神社へ、狭い境内には、ムクロジ、ムクノキ2本

 (4.69m/4.46m)。廃寺では異様な姿のイチョウ(雌株・

 3.75m/強剪定による)。鴨山口神社では、珍しい現象のムクノキ

 を抱き込んだ巨木カヤ。イチイガシ樹林の笛吹神社では宮司さんの軽快 

 な講話を拝聴でき、謂れのある波々迦樹も観察。鳥居前にて集合写真

 昼食後は地蔵尊のツタに覆われたムクノキ。住吉神社のイチョウ

 (3.60m)とイスノキの虫こぶを観察。酒井氏の木彫販売もあり、 

 秋晴れ一日を楽しみました。歩行距離 11km。

2021.10.23 大和高田市内 巨木観察会

  約半年ぶりの観察会で、なんと参加者49名と多くの方が参加されま

 した。まずは高田川堤で存在感のあるエノキ3.95m。初秋でもあり

 紅葉には早い様です。桜並木道を春日神社へ、珍しく大きなウバメガシ

 とクスノキ。大中公園では、樹形が素晴らしいエノキ3.95m。

 カツラの落葉の香り体験など。アメリカフウ、ケヤキ背景に集合写真。

 午後からは、強剪定のイチョウ、エノキ、アキニレや天神社でエノキ、

 クスノキ4.07m、イスノキを観察し秋晴れを楽しんだ一日でした。

 

2021.10.22 青翔中学校様 秋の校外学習 開催

  県立青翔中学校様(77名)の校外学習として、御所市の巨木観察や

 樹木同定実習と室内でのワークショップを行いました。

 鴨都波神社でイチイガシ ムクロジを。後、葛城川のサイカチ 

 メタセコイアを観察し、公園で同定体験。葉っぱ図鑑も作成しました。

 午後からは葉っぱのフレデイの朗読鑑賞、ムクロジの泡たて、タラヨウ

 葉文字入れ、巨木の一生の考察などを体験学習しました。

 👇学校のシンボルツリー クスノキ

2021.3.6. 二月堂から旧京街道の巨木巡り

  3か月ぶりの巨木観察の日。なんと58名が参加されました。当会の

 観察会として最多数となり受付はおお忙しい~~、から始まりました。

 まずは今小路町の奈良市保護樹15-005のクスノキを観察、その

 後、車注意で30分、奈良豆比古神社に到着後、宝亀殿の裏地へ、深い

 森の中、県内でも最大級のクスノキをゆっくり観察、見上げるほどの雄

 大な枝ぶりに皆さん感動されていました。今回も初加者向けに、幹周

 り測定をムクキにて実施3.2m。シリブカガシのドングリ磨き体験 

 も楽しみました。午後からは国宝の転害門(奈良時代の建造)の形式を 

 学び、その後、コロナ規制を考慮し、二月堂巡りと県庁東の巨木観察班

 に分かれて実施しました。 

2021.2.28. 講演会と巨木ガイドウォーキングの様子

  奈良公園バスターミナルイベント実行委員会主催の講演会と

 巨木ガイドウォークを実施しました。

 春めいた一日。奈良公園に隣接のターミナル内にあるレクチャーホール

 (300名収容/コロナ対策定員130名)が満席となりました。

 一部では当会代表の甲斐野氏の講演「春日山原始林の巨樹・巨木たち」

 を、二部の公園内巨木ウオーキングにも110名が参加され、6本の

 巨木、巨樹を観察していただきました。解説担当、案内ガイド担当の総 

 勢13名の世話役さんも張り切ってました。そして、解散時に、参加の  

 皆様より ”巨木は凄いね! 楽しかったよ!” との声をお聞きし、

 一同ほっとしたイベントでした。

 

2020.12.03. 春日山原始林 北部遊歩道散策

  早や12月入り。今回は身近な春日山原始林の北部遊歩道を散策し 

 ました。参加者30名の内、10名が秋の原始林は初めてとの事。

 3名の新会員さんを迎えて、コロナ対策の確認から始まりました。

 鹿も今年はノンビリですね!!歩道沿いの巨木、まずはナギの最大木。

 斜面の巨大なイチイガシは太い幹が天へ。イロハモミジの紅葉トンネル

 も見事です。 誰かが”秋の香、、、”と。

 倒木の大スギは樹齢460年(写真の。遊歩道沿いでは、

 頭上の樹冠観察や地面のコジイのドングリ拾いと忙しい。若草山山頂

 から奈良盆地を一望し、鶯の滝へ。本日はここから引き返しました。

 集合写真は月日亭傍の巨木ツクバネガシ横にて。

2020.11.14. 大和朝廷誕生の地 巨木巡り

   今回も秋晴れ。近鉄朝倉駅には、滋賀県の方2名の参加もあり、

  34名集合!早々、山口坐神社へ、幹周り7.95m根回り10m

  の大クスを見上げる皆さん。境内にはスギ、ケヤキも。慈恩寺の

  老木のケヤキは樹齢800年とも、大きな洞が印象的。集合写真も。

  日本への仏教伝承の地と言われる河原にて昼食。金屋の石仏近くで

  珍しいヤマナラシを発見し測量、幹周り3.74m。

  途中でドングリ拾いに忙しい人も?

  平等寺では和尚さんの講話もお聞きできた一日でした。

2020.10.15. 安堵町~大和小泉の巨樹巡り

   秋晴れの一日。JR法隆寺駅には33名集合しましたが、バスの

  定員を考慮し、なんと健脚組は徒歩で現地へと出発でした。まずは

  善照寺の驚くべきクロマツに遭遇。(皆さん お~お~!!)樹齢

  250年。基は盆栽だったかも? 天満宮では鎮守の杜の佇まいを

  体感。樹高25mほどのクスノキ、モチノキ、ムクノキ、エノキ。

  広々として境内の小泉神社では大クスノキ3本、タラヨウ、モッコ

  ク。ゆっくり昼食と集合写真後、近くの善福寺へ。ここでは仁王立ち

  の様相のモチノキ(実測 幹周り3.55m)、皆さん感動の👆指差

  しでした。庚申堂のクスノキ観察後、まとめ解散。

  本日も酒井氏によるクラフト露店販売は人気でした!!

2020.9.19. 旧伊勢街道の巨樹巡り

   3月の観察会から6か月ぶり、コロナの影響を懸念しての開催

  でしたが、32名も参加しました。新入会の方も3名。

  無人の帯解駅前で皆さん ”ひさしぶり~元気!” と。

  そして、ソーシャルデイスも! まずは鎮守の杜 森神社へ、4m

  越えのケヤキやムクロジ、カヤ、カゴノキを観察。近くの姫大神社

  では、なんと5.4mのご神木ケヤキにビックリ。少し暑い中、

  楢神社にてご神木イチイガシや銅製鳥居を観察。最後の和邇下神社

  では、鬱蒼した鎮守の杜の雰囲気を体感。ここでは世話役製作の

  ブレスレット(ムクロジ/無患子)、木工品などを展示販売。

  お買い上げに感謝です。

  

2020.3.07 高市郡高取町の巨木観察会

    3か月ぶりの観察会ですが、感染症の影響でしょうか壺阪山駅には

   21名集合。予定も少し変更し、まずは標高583.6mの高取城

   の巨木を目指し旧城下町へ、雛祭りも少し楽しみ。まずはパチリ!

   いよいよ山道へ、スギやヒノキ植林の中に残るエノキ、ケヤキを観察。

   珍しくイイギリの鮮やかな朱色の実。不思議な猿岩は飛鳥村から?

   皆さん汗をかきかき2時間程で城郭口へ到着。元気なエノキは

   (365cm)。昨年命名された”芙蓉杉”(512cm)前にても

   パチリ!。城郭内の最大スギは(620cm)樹形も武者の如しに

   皆さん”オー”と。他に3m越えのケヤキ、エノキ。沢山の実を付け

   ていたユズリハを観察。高取町役場の県下一のメタセコイヤも観察。 

2018.9.10   台風一過、奈良公園のケヤキ  

 

    台風21号による影響が奈良公園一帯にもありました。

   グリーンあすなら会員の皆さんにも馴染みの~~荒池の先、トイレの

   北斜面、鷺池手前~~、堂々と天空へ幹を伸ばし枝を広げていた。

   清々しいケヤキ(気高き)が折れました。 他にも傷ついた樹木も

   多く見受けられます。

グリーンあすなら

(奈良 巨樹・巨木の会)

        

 

* お問い合わせ先 *

 

甲斐野:

090-1446-

       7699

 

酒井:

090-2107-

       2523

 

 

 ++++++++++

更新記録

2022.9.29.

  カリンの実

2022.9.16.

 観察例会の開催風景

2022.9.14.

  ケヤキ、スギ掲載

2022.7.25.

  タイトル背景トチノキ

2022.7.20

  御杖神社スギ

2022.6.21.

  ユクノキ

2022.6.17。

  ネムノキ

2022.5.21

  春日大社回廊

  ネジキツリバナ

2022.4.11.

   桜写真の掲載

2022.4.1.

  定例観察会の日程

2022.3.6.

 タイトル背景変更

2022.2.1.

葛城市新庄町パノラマ写真

2022.1.23.

  トピックス記事

2021.12.05.

   滝坂の森の活動

2021.11.28.

   ヒマラヤサクラ

2021.11.15.

  葛城山麓観察会

2021.10.25.

  大和高田市観察会

  青翔中学校

2021.10.03

  前鬼のトチノキ

  浄福寺クロガネモチ

  京都エノキ

2021.9.22.

  一言主のイチョウ

2021.9.8.

  イチョウ ぎんなん

2021.8.20.

  ヤマボウシ

2021.8.14.

  マテバシイの葉